バイアグラの副作用

キービジュアル

バイアグラの副作用

信頼できるバイアグラでも間違った使い方をすると副作用が起きてしまいます。
正確に言えば、副作用は起きるものなのですが、危険な状況にもなってしまうという意味です。

一般的なバイアグラの副作用は、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まり、青視症などが挙げられます。

顔のほてりと目の充血に関しては、服用した9割の方がなる症状です。
これはバイアグラ自体が血管を拡張して血流を良くさせる薬だからです。
頭痛、動悸、鼻詰まりもたまに聞く症状なのでご安心を。

そして一番稀なのが青視症です。
青視症とは、景色がまぶしく見える、または視界が青く見えるといった症状を言います。

上記の症状はどれも、バイアグラの効果が切れると同時に症状も治まると言われています。
ただ長時間症状が治まらない場合は必ず専門医に相談することをオススメします。

ここからが副作用の危険な例です。
1つは心臓の病にかかっている方はご注意ください。
先ほども言ったように、バイアグラは血管を拡張することで血流を良くさせる薬です。
血流が良くなることで、心臓に負担がかかってしまうと死に至るケースもあります。
心臓病だという方は専門医の相談を必ず受けるようにしてください。

そして最後は、インターネットなど通販でバイアグラを購入するケースです。
ED治療薬は専門医の処方箋が無ければ入手することができません。
しかし個人輸入業者が行っている通販サイトが多数存在します。
もちろん信頼がおける業者もいますが、購入する際はあくまで個人責任になります。
詐欺商品を掴まれるケースもあるので、十分注意してほしいものです。

copyright(C)VIAGRA 4 U