バイアグラの他の薬との相互作用

キービジュアル

バイアグラの他の薬との相互作用

バイアグラと他の薬との相互作用について、ご紹介していこうと思います。

狭心症のような心臓病の方はバイアグラを摂取することができません。
心臓病で一般的に使用される硝酸剤、一酸化窒素(NO)などの供給剤と併用することがとても危険だからです。

バイアグラは血管を拡張し、血流を良くする薬です。
このような状態で併用してしまえば、循環血液中のNOの量が増加するので、NOの降圧作用でcGMPの増加してしまいます。
これは血圧が急に下がってしまうのです。

したがって、心臓病関連の薬とは併用禁止ということを覚えておきましょう。
心当たりがある方は必ず専門医に相談してください。
バイアグラが飲めずとも、サプリメントなどの精力剤の併用は許されるケースが多いです。
バイアグラを使えないとしても、EDは克服できるケースもあるのでぜひお試しください。

あとは意外な食品として、グレープフルーツ、グレープフルーツジュースとの併用も控えた方が良いと思います。
グレープフルーツ中のフラボノイドはCYP3A4を防ぐ働きがあります。
バイアグラの影響はかなりあるかもしれません。

最後に降圧薬も血圧を下げてしまうので併用しない方が良いです。

まとめると、薬品を日常的に使用している人は専門医と相談することが一番安全です。
併用してはいけない医薬品があるとなれば、バイアグラ自体を処方箋が無いと入手できないことに納得して頂けたと思います。

copyright(C)VIAGRA 4 U