勃起のメカニズム

キービジュアル

勃起のメカニズム

なぜバイアグラを飲めば勃起が起きるのか。
そのメカニズムを説明したいと思います。

勃起のメカニズムはまず脳からスタートします。
脳が性的興奮を受けると、男性器の勃起神経に伝達します。
すると神経から、NO(一酸化窒素)が放出され、次にNOが海綿体の細胞に作用します。
そして、平滑筋拡張作用のあるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が生産されます。

cGMPは男性器の動脈と海綿体の平滑筋を拡張する働きがあります。
各々が拡張することで、血液が潤滑かつ大量に海綿体に流れ込みます。
流れ込んだ血液で海綿体が膨張し、ペニスは硬く勃起するわけです。

男性の方であれば体験済みかと思いますが、一度勃起した状態も時間が経てば萎えてしまいます。
これは海綿体の細胞にcGMPを分解する働きがあるPDE-5(ホスホジエステラーゼ・タイプ5)という酵素があるからです。

バイアグラは、勃起を邪魔する成分であるPDE-5の働きを阻害する効果があります。
cGMPの分解を防いで勃起状態が持続することがバイアグラのメカニズムになります。

身体的なEDの場合は、患者がcGMPの生産量が少ない、またはPDE-5の分泌量が多いことがほとんどです。
バイアグラはPDE-5の働きを弱め、cGMPの働きを最大限まで引き出します。
これが医学的なバイアグラのメカニズムになります。

copyright(C)VIAGRA 4 U