勃起薬「バイアグラ」普及の背景

キービジュアル

勃起薬「バイアグラ」普及の背景

バイアグラの歴史についてご紹介していこうと思います。

1998年1月、勃起障害のための治療薬として発表され、世界中で話題になったのは記憶に新しいと思います。
”夢の薬”と呼ばれたことがいかに世界中の男性が待っていたか伺えます。

バイアグラの特徴は、飲めば勃起作用が起こるのではなく、性的刺激を受けて初めて勃起作用が起こることです。
勃起行為を強引に起こさせるのではなく、あくまで自然な勃起行為という点でも注目を集めました。

そして1999年という異例の早さで国内にも認可が降り、25mgと50mgのバイアグラがついに日本でも発売されます。

バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)は、英国のファイザー社が開発した薬です。
当初は、バイアグラは狭心症薬として開発されていました。
しかし臨床実験によって受理されないお蔵入りの薬になってしまったのです。

ここで起きた現象は、臨床試験の男性の被験者がこの薬の返却をためらっているというではありませんか。
しかもほとんどの男性がためらっていると、、、

何かおかしいと思ったファイザー社は、その男性陣に尋ねたところ返ってきた返答は全員が一緒でした。
「勃起効果がある」と。

バイアグラは最初から勃起行為目的で開発された薬ではなく、ひょんな偶然から生まれた産物だったのです。

copyright(C)VIAGRA 4 U